事務所の移動での不用品回収

Pocket

引越しが比較的幼少時代から多く、引越し慣れをしているため、自分自身のものは整理しやすいように、購入段階からがんが得ている方なのですが、事務所の引越しはプライベートの引越しとは違いました。個人の引越しの場合、不用品の処分はガレージセールなどを開けば、割りと持って行ってもらえますし、売れなかった大きなものも、リサイクル法など比較的わかりやすいルールがあって迷うことも少ないです。しかし、事務所の不用品回収は少し迷いました。

事務所の不用品で、特に悩んだのが大型のコピー機の処分でした。業務用のコピー機の処分は当時今ひとつはっきりしないルールになっていて、自治体やメーカーに問い合わせたのを覚えています。事業を始めるときに譲り受けた古くて大きなコピー機だったので処分しないと行けないだろうなと思い込んでいたのですが、オフィス機器のリサイクル業者に問い合わせると、コピー機が動いているのなら、買取対象の不用品回収を行えるといいます。

事務所のコピー機は古く大きなものだったので、まだ使えるものとはいえ、廃棄処分としての不用品回収だとばかり思っていたので、リサイクル業者での買取というのは完全に盲点でした。電話でコピー機の買取査定の日取りを決めると、当日、オフィス機器のリサイクル業者の方が見え、買取の査定を行なって、トラックで重たいコピー機を引き取っていってくれました。私の事務所の懸案事項になっていたので、あっけなく古いコピー機がしかも買取で処分できたのには、もう少し調べたら最初から…との思いもありましたが、無事に処分できてほっとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)