managewpadmin のすべての投稿

骨董品の真価を知る事の大切さ

骨董品の価値を知ることの本当の意義とはなんでしょうか?

 

the-bowl-938770_1920

 

それは時間を止める事なのかもしれません。

なぜなら骨董品の整理をする機会や見つめ直す機会なんて、一生に一度きりかもしれないからです。
家にあった古いもの、使わなくなったものとじっくり向き合う時間になるからです。

骨董品をきちんと査定、鑑定するこ事はふと足をとめて
自分の気持ちを整理する事になります。

売却すると決めた骨董品の中では思い出が刻まれたものもありますね。

それをゆっくりと振り返ってそしてその骨董品の今現在の価値を知る事は時を止める事ですね。
新しいものを買う喜びは誰にでもありますよね。そしてそれと共に歴史を刻んでゆくことの喜びもありますね。

骨董品も昔は新品でした。
たくさんの未来を期待されて世に生まれ出た赤ん坊のようなものだったのです。

そして持ち主と共に時間を重ねることでビンテージと言われる付加価値を得るにいたります。
どこかで紛失されてしまったり、破壊されていたら今そこに骨董品はないはずですよね、でも今そこに
存在し生き残り新しい価値を得てまた望んでくれる人の手元へ渡ってゆく、
そこには確かに正しく強い文化継承の意図があります。

骨董品の真価を知る事の大切さは自分のことでありそれだけではありません。
自分と骨董品とに横たわる歴史に目を向ける、そして売却するのであればそれをさらに他人に、
もっと大事にしてくれる人へと引き継ぐ。

 

あなたの家の古いものはいくらですか?pocket-watches-436567_1920
まずあなたにとってはいくらですか?
まずは自分の目で家のガラクタに値段をつけてあげてください。

そしたら今度は専門家の力を借りて正しく値段をつけてもらってください。

大切な文化を次の世代に伝えましょう。

 

 

 

骨董品高価売却への準備と業者選びのポイント

鑑定士によりずっと家にあったガラクタが骨董品であることがわかったら、
またサインを見つけたら今度は売却の手順を抑えましょう。

 

flea-market-464752_1920

 

◎売却前の準備・手入れ

・付属品をなくさずそろえる!!

例えば彫刻であればそれが入っていた木箱、絵画であれば説明書、といった付属物は
骨董品と同等の価値があると言ってよいほど重要!!
必ず保管し揃えておきましょう。
この付属物があるかないかで骨董品の値段は大きく変わってきます。

・日ごろのケア、お手入れをしっかりと!!

著名な絵画や作品であっても汚れていたりシミがあっては値段は大きく
変わります。日々のケアできれいに保つことで値段を引き上げることができます。
ただし洗剤や薬剤を使っての洗浄など、やりすぎは厳禁!逆に価値を下げてしまう事になります。

・売り時を見極める

基本的にいらないと気付いたときに、保管状態が良いうちに売却するのが良いでしょう。

けれどいくら有名な作家の作品であるとわかっても世間、つまり?買取手がいる市場’
にあふれているのであれば価値は下がってしまいます。
逆に有名な作家によるものでなくても数が少なければ貴重であると見なされます。
自分の骨董品が市場にあふれているのか、品薄なのか調べて、市場にそれほど出回っていない時期、
価値が高くなっている時に売るのが有効です。

◎一番高く売るための業者選び

業者によっても骨董品の値段が変わることもあります。
業者によっては不法に安く買い取られてしまったりいい加減な査定をするところも
あるので高価売却のためには慎重に業者を選びましょう。

・なるべくたくさんの業者にあたってみる。

とにかくたくさん回ってみる事でどの業者がどのようなサービスや、
鑑定を行っているのか比べてみたり相場を判断する事ができます。

オークションの代行を行ってくれる業者など、親切
に丁寧に対応してくれることろを探しましょう。また骨董品の種類によっても
値段が変わることもあります。
自分の骨董品と相性のよい業者を選びましょう。

・複数ある場合はまとめて売る。

まとめ売りの場合、価格が上がるケースがほとんどです。
また出張買取などの場合は売ろうと決めていた骨董品以外にも価値のある骨董品を見つけ出してくれたり
する事もあるので売る時には古いガラクタをまとめておいておくのも有効でしょう。

・各骨董品の専門店に依頼する。

専門店でない…つまり売りたい物とは異なるジャンルの物を扱うお店の場合、
骨董品の正しい価値が判定されなかったりする事も
ありトラブルの原因となることもあります。極端な例でいえば近くにあるから
と言って絵画を適当に近所のアンティークショップにもっていったりすると正当な評価を受けずに
低い額でで査定されてしまったりします。

・買取だけでなく販売も一括で行ってくれる業者を選ぶ。

買取だけしかやっていない業者の場合はお客(つまり売る人、あなた)と販売者との間に
業者や市場関係の取引先が入るためその分が手数料として差し引かれるため買取額が下がる事がほとんです。

間に何も入らない、買い取ってもらってしかもそのままそこで販売してくれる

買取、販売もどちらも    stand-217579_1920

つまり、骨董品を高く売るためのポイントは、手間を惜しまないこと、これにつきますね!

お家で骨董品を見つけたら

●お家で骨董日を見つけたら

それではこれずっと昔からあるけど骨董品かな?と思う古い物を見つけた場合、

どうしましょう?

例えば落款や銘と呼ばれるサインがある場合が素人でもそれが価値のある骨董品
であることがわかります。なんと書いてあるのか読むことが難しくても、著名な作家がてがけた
ものであること、作家物であることがわかる場合もあります。

 

vintage-1216720_1920

 

そういったサインがない場合、素人の目でそれが本当に骨董品なのかどうかを見分けるのは
不可能です。素材の確認から年代の判定まで、専門的な技術と知識がいるのです。
美術鑑定士たちはそれなりの勉強と修行により正しい知識と経験を積んでいます。

まず最初にプロの鑑定士に鑑定してもらう事をおすすめします。
きちんと鑑定してもらわないと、財宝が安く買収されてしまったり、
せっかく発見しても損してしまう事が
あるからです。

鑑定士に丁寧に見てもらい、その価値を正確に判断してもらって、
それから買取専門店に持っていくのが間違いのない流れです。

また今は鑑定士在住で無料で鑑定してくれる買収専門店もあります。

まずは電話などで問い合わせてみましょう。
例えば絵画などであればサインがあるかないか?
彫刻であれば箱に入っていないかどうか、など簡単な特徴を説明するだけで
「もしかしたら…かもしれないので一度もってきて見せてください」
など丁寧に教えてくれます。

また出張買取や宅配買取などを行っているところもあり
買取方法は様々です。

また売却を考えていない場合でも鑑定士によってその真価を判断してもらい
判定してもらう事は価値のある事だと言えます。
ずっとお家でほこりをかぶっていたものが本当はこんな価値のあるものだったのだと
認識するだけでそのガラクタは真の価値を得る事ができるのです。

 

骨董品としての誕生を祈って、まずはプロの鑑定士に委託してみましょう。
売るか売らないかは真の価値を知ってからでもよいでしょう。

flea-market-1883689_1920 (1)

財布にも地球にも優しい不用品回収

去年、マイホームを購入した際に、住んでいた賃貸マンションの引越しの時に、不用品回収にきて頂きました。入居時に取り付けたエアコンが、不要だったのと何か処分できる物があればお願いしようと思った為です。たまたま郵便受けに不用品回収のチラシが入っていたので、そこに電話しました。そんなに大きくない個人商店のような店のようでした。来て下さったのは、20代と40代の二人で、とても愛想のいい感じのスタッフさんでした。

1歳の息子がちょろちょろしていましたが、息子に注意をはらいながら、作業をしてくれていました。エアコンは20万円くらいで購入したもので、まだ1年半くらいしか経っていませんでしたが、買取価格は15000円で取り外しの工賃が7000円かかるため、差し引き8000円になります、との事でした。その内容で承諾し、暑い中若い方のスタッフさんがベランダにでて取り外しの作業をしてくれていました。そして、40代のスタッフさんが名刺を下さり、海外ともやりとりをしている会社で、事務所や倉庫は小さいけどコツコツ頑張ってます、と世間話をしてくれました。

そして、TVやDVDプレイヤー、他に何か要らないものがあれば、言って下さい、買えない物もありますが、頑張らせてもらいます、と言ってくださったので、新品のトイレお掃除セットや、雑貨、DVDプレイヤーを買って頂きました。それは3つで1500円位でしたが、要らない物でしたのでゴミにならず、お金になったので丁度良かったです。最後に誰か知り合いで、引越しする人がいればまた紹介よろしくお願いします、と言われたので、近所の友人を紹介しました。その後、友人もゴルフ用品を買ってもらえたと言って喜んでくれました。不用品回収は、ゴミも減らせて、お金にもなりますし、お財布にも地球にも優しくてよかったです。

不用品回収してもらって引越しを楽に

私は学生の頃一人暮らしをしていました。その時に近くに住んでいた同じ学校の知人がいましたが、その人が引越しをして地元に帰る、というので私は引越しの手伝いをしにいきました。しかし私は驚いたことがありました。何に驚いたのか、というと、その人は今まで使ってきた電化製品を全て売って、引越しの際荷物がないようにして帰りたい、というのです。私は今までこのような人に出会ったことがありませんでしたし、自分自身もまだ使える電化製品はいつかのために取って置きたいタイプなので、驚きました。

引越しの作業の中、事前に不用品回収してくれて買い取ってくれる、という業者に電話を入れ、予約をしておいた上で、来てもらいました。黙々と査定の作業が進められていき、だいぶ電化製品の数があったのですが、それら全てが終わり、最終的な金額が出てきました。その値段にその人は満足をしたので、金額をいただき、全て工程が終わりました。家の中はもう引越し作業もだいぶ進み、ほとんどの物が無い状態でした。あとは使っていた家具などの処理のみです。

残りの家具なども全て捨てていく、というので、近くのゴミ捨て場に一緒に捨てに行きました。これでもうほとんどのものがありません。あとは綺麗に家の中を掃除をして、出て行きました。不用品回収業者に不用品回収してもらうのも手だし、身近に使いたいという人がいればその人に譲るのもいいと思うし、本当に要らない不用品ならばゴミに出せばいいのだし、やり方はいくつもあるのだな、と思いました。そういうやり方も引越しが簡単に済んで楽かもしれませんね。